高血圧の食事においてサバはどんな効果があるの?

高血圧の食事においてサバはどんな効果があるの?

高血圧の食事においてサバはどんな効果があるの?

 

 

日本人の国民病と言われる高血圧の予防のために多くの食材が挙げられていますが、青魚が高血圧に良いとされていますが、その中でも「さば」は豊富な脂質、特に多くの不飽和脂肪酸を含んでいることとから最もおすすめの青魚です。ぜひ、「さば」の良さを理解し積極的に食べて高血圧の予防・改善に努めてください。

 

今回は、

 

○さばに含まれるDHA/EPAは抜群!
○さばに含まれる他の成分は?
○どのようにして食べれば良いの?

 

これらについてお伝えします。

 

手頃な値段で買うことができて、調理もしやすい「さば」は高血圧にとって最高の食材です。高血圧以外にも健康なからだづくりに欠かせない魚です。ぜひ日常の食生活にさば料理を取り入れることによって高血圧の予防・改善につなげて下さい。

 

 

 

○さばに含まれるDHA/EPAは抜群!

 

高血圧の食事においてサバはどんな効果があるの?

 

青魚に含まれる成分であるDHA/EPAはテレビのCMなどで良く知られている名前です。
DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)と呼ばれる不飽和脂肪酸はさばに多く含まれる脂質の中の成分です。脂質というと「太る」・「コレステロール」という言葉が連想されると思いますが、さばに含まれる脂質は良質な脂質であり高血圧の予防・改善に向けての救世主となります。さばを焼いた時に音をたてながら出てくる脂はまさしくこの良質な脂ですのでぜひ食べてください。さばに含まれるDHA/EPAの量は他の青魚よりはるかに多いため、その効果も大きく期待されています。

 

このDHA/EPAのような不飽和脂肪酸は我々のからだの中で作ることができないため、食材としてからだに取り込むしかありません。

 

DHAは悪玉コレステロールを肝臓へ取り込み、その後からだの外に排泄するという悪玉コレステロール・中性脂肪を下げ、善玉コレステロールを上げる働きがあります。悪玉コレステロールが減少することによって血液の流れを良くして血圧を安定させます。EPAは血管の中にできる血栓を溶かして血管を拡張させ血圧を安定する働きを持っています。DHA・EPAともに赤血球の細胞膜を柔らかくして、赤血球の変形する能力を高め血液をサラサラにする働きを持っています。これ以外にもDHAは脳の細胞を活性化する働きがあり、ボケの予防にも効果があることが確認されています。

 

不飽和脂肪酸は、高血圧を抑えるだけではなく、動脈硬化の予防・心筋梗塞・脳梗塞などの血栓症の予防と改善に大きな役割を果たしています。

 

 

 

○さばに含まれる他の成分は?

 

高血圧の食事においてサバはどんな効果があるの?

 

さばにはこの他にビタミン類なども豊富に含まれているので、健康食材としても有効です。

 

1) ビタミンB12
ビタミンB12は脂質・糖質の代謝を促進させて疲れをとり、細胞の再生に効果のあり悪性の貧血・肩こりの予防にも効果があります。

 

2) ビタミンD
ビタミンDは骨粗しょう症にならないようにカルシウムの吸収を促進する働きがあります。

 

3) タウリン
遊離アミノ酸であるタウリンは血液中のコレステロールを抑える働きがあります。

 

4) 鉄分
血合いの部分に鉄分が豊富に含まれており、貧血・冷え性の予防に効果がありますので女性の味方でもあります。

 

さばには他の青魚より豊富な健康成分が含まれており、高血圧予防・改善以外にも健康面で効果のある食材です。

 

 

 

○どのようにして食べれば良いのでしょうか?

 

高血圧の食事においてサバはどんな効果があるの?

 

我々が一般的に食べる「さば」は「まさば」と「ごまさば」の2種類です。旬の時期は「まさば」の場合は秋から冬にかけて脂がのり美味しく食べることができます。まさしく、「秋サバは嫁に食わすな」の通りです。「ごまさば」は「まさば」と違って脂ののりが少し落ちますが一年中味食べることができます。なお、さばは鮮度が落ちやすい魚ですので、新鮮なうちに食べるのが大事です。スーパーでさばを買う時には身に弾力があるさばを選んでください。

 

おすすめのさばの食べ方は刺身が一番です。焼き魚にすると、大事なからだに良い栄養分が失われてしまいます。刺身の場合はからだに良い栄養成分がそのまま残りますので、さっぱりとして美味しく食べることができます。

 

但し、刺身の場合に注意しなければいけない点は、醤油の量に気をつけることです。自宅で食事をするときは減塩醤油を使用して塩分を控えめにすることができますが、外食の時には減塩醤油を使用していない回転すし店、居酒屋が多いですので注意が必要です。

 

さばの水煮の缶詰もお勧めです。さばを生のまま加熱殺菌・加熱調理しており、栄養分も失われず様々な料理に使うことができます。味噌煮の缶詰と比較しても水煮は水と塩分のみであり、味噌煮のように糖分・カロエリーを気にしないで使うことができます。DHA/EPAは加熱による酸化されて分解して失われることがありますが、缶詰の場合は酸素に触れることなしに加熱殺菌されるため、そのまま維持されます。

 

水煮の出汁にDHA/EPAが多く含まれていますので、抗酸化作用のあるビタミンC、E・βカロチンのある野菜と混ぜて一緒に食べたり、水煮のだしでスープを作って飲んだりするのもお勧めの料理方法です。

 

 

 

 

 

なお、DHA・EPAについては一日の摂取量を1000mgという基準を厚生労働省が提示しています。実際には、この量を全て食事からとることは大変ですので、サプリメントで足りない分を補充するということも効果的な方法です。

 

以下のサプリメントは私も愛用していますがおすすめですよ。

 

 

 

【やわたのDHA&EPA】公式サイト
やわたのDHA&EPAオフィシャルサイト