あなたは知ってる?高血圧の人のための血管によい食事とは?

あなたは知ってる?高血圧の人のための血管によい食事とは?

高血圧の人のための血管によい食事とは?

 

 

血管年齢という言葉を聞いたことがあると思います。血管がどれだけ老化しているかをあらわす指標として使われています。この血管の老化は高血圧によって促進しまうため、いかにその老化を防ぐかは重要な対策です。中でも食事によって高血圧の防止・改善を行い血管の老化を防ぐことが大変重要です。

 

今回は、

 

○血圧と血管の関係とは?
○血管をダメにする食事とは?
○血管を丈夫にする食品とは?

 

これらについてお伝えします。

 

年と取るとともに血管も老化しますが、高血圧によって実際の年齢以上の血管年齢になることは健康寿命を延ばすことにつながります。ぜひ日常の食生活に血管にとって良い食事を取り入れて健康な身体作りを行いましょう。

 

 

 

○血圧と血管の関係とは?

 

血圧というのは、我々の血液は血管の中を流れる時の血管の壁にかかる圧力をあらわしています。この圧力が正常より高い場合を高血圧と呼んでいます。この勢いよく流れる血液の高い圧力と受け続けることによって動脈の血管壁が固くなり、血管の内壁の幅が狭くなり、血液の流れが滞りやすくなる、いわゆる、動脈硬化という状態になります。さらに血液壁が傷つくとそこに脂質・コレステロールが付着してさらに血管が狭くなり、
血液の高い圧力を受けることになります。
高血圧・高コレステロール・高中性脂肪が動脈硬化を引き起こすということがわかっており、血管年齢とはまさしく動脈硬化の程度をあらわした指標です。動脈硬化は心筋梗塞・脳梗塞などの死に直結する病気を引き起こすリスクが非常に高いということです。
高血圧の怖い点は、このような高血圧の合併症を常に抱えていることですので、日頃からの血圧の管理とコレステロール値、特に悪玉コレステロールの値に注意することが大事です。

 

あなたは知ってる?高血圧の人のための血管によい食事とは?

 

 

 

○血管をダメにする食事とは?

 

 血圧が原因となる血管年齢を高めるような食品、食べ方に注意して食事をしましょう。

 

 

1) 塩分の取り過ぎ
高血圧の原因となる塩分の摂取量は高血圧の方では一日6g未満が目標です。
良く言われているように、次のことを守りましょう。
「塩分を多く含む漬物・梅干し・ちくわ・ハム・ソーセージなどの食品は控える」、「麺類の汁は最後まで飲まない」、「減塩の調味料を使用する」、「ソース・醤油はつけて食べる」

 

あなたは知ってる?高血圧の人のための血管によい食事とは?

 

 

2) 揚げ物
使用されているオリーブ油・ゴマ油などは加熱すると酸化・劣化しますので、特に2度揚することは控えて下さい。電子レンジでの加熱も同様ですので注意して下さい。
あなたは知ってる?高血圧の人のための血管によい食事とは?

 

 

3) 肉類
動物性タンパク質の豚肉・牛肉は赤身をポトフのような形でとって下さい。ステーキなら脂身の少ないヒレステーキをとり、サーロイン・ロースなどはなるべく避けて下さい。
焼肉・焼き鳥の場合はホルモン・ハラミ・ロース・カルビ。鶏皮はなるべく控える。

 

あなたは知ってる?高血圧の人のための血管によい食事とは?

 

 

4) お菓子類
飽和脂肪酸が多い洋菓子はなるべく控えて、和菓子を食べる。バターを使用している菓子も控える。
砂糖入りの飴は避けてシュガーレスの飴に食べる。

 

あなたは知ってる?高血圧の人のための血管によい食事とは?

 

 

5) アルコール
アルコールの取り過ぎは血管内の内膜が傷つき、その修復する間に酸化して劣化した脂質などが血管壁の中へ入り込んできます。
一日のアルコールの摂取する目安はビールで350ml・酒で一合・ワインで180ml程度です。

 

あなたは知ってる?高血圧の人のための血管によい食事とは?

 

 

 

○血管を丈夫にする食品とは?

 

 高血圧の予防のために血管を丈夫にする次の食品をお勧めします。

 

 

1) 納豆
納豆にはよく聞かれるナットウキナーゼという成分が含まれており、この成分は血栓溶解剤として使用されている治療薬と同じ働きを持ち、血管の中の血栓を溶かす作用があります。また、この作用は食後約10時間に渡って効果が持続されるとのことですので、夕食に食べると血栓が比較的発生しやすい早朝に向けて良いとされています。
納豆は発酵が進むにつれてその栄養の効果が強くなりますので、買ってからすぐ食べないで賞味期限直前に食べるのがお勧めです。

 

 

 

 

あなたは知ってる?高血圧の人のための血管によい食事とは?

 

 

2) 豆腐
「畑のお肉」と言われている大豆には、大豆ペプチドという成分が含まれており、血液中のコレステロールを下げて、塩分をからだの外に排出する働きがあります。また、大豆に含まれるリノール酸・レシチンは血管内のコレステロールの凝固を防ぎ、悪玉コレステロールを減少させる作用を持っています。
大豆の中で食べやすい豆腐はとっておきの健康食品です。

 

 

 

 

あなたは知ってる?高血圧の人のための血管によい食事とは?

 

 

3) 青魚
CMにて有名になったDHA・EPAと呼ばれる不飽和脂肪酸は青魚(イワシ・サバ・アジ・サンマなど)に多く含まれています。この成分は血液をサラサラにするという表現で呼ばれているように、血中コレステロールの値を減少させる働きがあり、血管の中の血液の流れ良くして血栓をできにくくしています。
この効果は発揮させるには青魚を刺身やカルパッチョなどで食べることをお勧めします。

 

 

 

 

あなたは知ってる?高血圧の人のための血管によい食事とは?

 

 

4) トマト
トマトには豊富なビタミンとリコピンの成分が含まれています。
その中でも、ビタミンPは毛細血管を丈夫にして、リコピンは悪玉コレステロールの酸化を防ぐ働きがあります。トマトはどのような形での料理でも健康成分をからだに吸収してくれる健康食品です。

 

 

 

 

あなたは知ってる?高血圧の人のための血管によい食事とは?

 

 

5) たまねぎ
玉ねぎを切ると涙がでますが、この涙の出る原因となる成分が硫化アリルです。この硫化アリルは血管に付着した脂肪の汚れを取り除く働きがあり、血液をサラサラにする効果は抜群です。
また、玉ねぎの皮にはケルセチンという成分が多く含まれており、悪玉コレステロールの酸化を防ぐ働きを持っています。

 

 

 

 

あなたは知ってる?高血圧の人のための血管によい食事とは?

 

 

6) 豚肉
豚肉にはオレイン酸と呼ばれる不飽和脂肪酸が多く含まれています。オリーブオイルにも同じように含まれていますが、高い酸化作用を持っており悪玉コレステロールだけを減少させて善玉コレステロールはそのまま維持するという特徴を持っています。

 

 

 

 

あなたは知ってる?高血圧の人のための血管によい食事とは?

 

 

 

毎日の食生活の中に、血管を丈夫にする食品をとることが高血圧の予防・改善に重要です。

 

 

 

高血圧対策の食事。塩分の取り過ぎを防ぐメニューは?

 

 

 

こちらもおすすめ!

 

【高血圧】薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血圧が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)